第29回 濱田青陵賞 授賞式


今年は、考古学的調査で古墳時代の王権の解明に大きく寄与したとして
京都大学大学院准教授
下垣正司先生に贈られました。
この賞は、
日本近代考古学の父
といわれる、岸和田藩士の血をひく濱田耕作(青陵)氏の遺徳をしのび、考古学分野で特に業績のあった研修者に贈られるものです。
式終了後
授賞記念講演
シンポジウムが行われ、各地から考古学ファンが多数お見えでした。

春木地区祭礼年番反省会

祭の余韻も、未だ覚めやらぬ本日、春木地区の祭礼年番主催の反省会が執り行われました。
私も来賓として招かれ感謝状の贈呈を行いました。

反省会の話題はと言えば、既に来年の祭のことです。
今年の成果を踏まえて来年はこうしよう、ああしようという話で盛り上がり、こうして伝統が受け継がれていくだと実感しました。

もう1つ、台風のこと、台風と祭が重なる寸前の今年の祭では、水面下で色々な準備が必要だったのも貴重な経験であり、日ごろの危機管理の賜物でした。

しかし、台風もいよいよ明日、近畿に迫ってくるようです。
本市では明日の早い時間帯で避難所を開設する予定です。
本格的な接近は、午後以降と想定されますが、外出を控えて安全を期して下さい。



テーマ : 地方自治
ジャンル : 政治・経済

岸和田らしさ

昨日の土曜日に岸和田商工会議所青年部三十周年記念シンポジウムがありました。

テーマは『岸和田のこれからを語る』

パネルディスカッションをしました。

コーディネーターは、浪切ホールの近松館長

パネラーは、

裏なんばの仕掛人星本さん

カンカンベイサイドモール平沢支配人、

青年部会長西河さんと

そして、私の四人です。

まちの活性化は、具体的な問題を共有すること、垣根を低くすること
皆が賛同しやすいテーマに向かって進むこと

例えば、みんなで岸和田港を綺麗にしよう!など

岸和田市民にアンケートでは

歴史、文化の充実した街

食べ物の美味しい街

などいう評価がある一方で

だんじり祭に代表されるイメージが全国的な岸和田らしさとして定着しています。

このイメージには、プラス要素もマイナス要素もたくさんあります。

裏なんばの仕掛人星本さんに、岸和田にも裏なんばに負けないポテンシャルがあると分かってもらえ、一度、朝まで岸和田で飲んでみたいと言っていただきました。

岸和田らしさ、私たちが、気づかない視点・切り口で、まだまだ沢山ありそうです。

森田実さんが書いてくれた、久米田池のこともそうです。

「雲の峰をうつしてひろし久米田池」

歴史と文化と現代が融合した都市、岸和田

この都市の魅力をもっと発信していく必要があると痛感しました。




岸和田商工会議所青年部三十周年記念シンポジウム1

岸和田商工会議所青年部三十周年記念シンポジウム2

テーマ : 地方自治
ジャンル : 政治・経済

世界かんがい施設遺産「久米田池」

平成27年10月12日(月曜日)にフランス共和国モンペリエ市で開催された、国際かんがい排水委員会(ICID)の第66回国際執行理事会において、本市の「久米田池」が世界かんがい施設遺産に登録されました。

本日(11月26日)、認証式があり、久米田池を管理する岸和田市久米田池土地改良区の役員の方が参加されました。

弘法大師よりも古い由緒ある施設です。

岸和田の宝がまた一つ世界に認められました。

世界かんがい施設遺産「久米田池」

世界かんがい施設遺産「久米田池」2

久米田池オアシス整備事業

テーマ : 地方自治
ジャンル : 政治・経済

プロフィール

shigiyoshinori

Author:shigiyoshinori
こんにちは、しぎ芳則です。子ども、大人、高齢者の三世代がともに明るく暮らせる街が目標です。私は、岸和田に産まれ育ち、岸和田の誇りを持ち、岸和田が大好きです。 輝く街、岸和田を取り戻します。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
はばたく岸和田市民の会(しぎよしのり後援会)
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示