競輪事業について

競輪場収入は市の貴重な財源です。
平成28年度も2億5100万円を市の財布に入れています。
28年は特別競輪(G1)がありませんでしたが、特別競輪などを岸和田で主催すると5億円以上を市の財布に入れてくれます。
競輪開催時には、周辺の広い範囲に警備員を配置したりするなど配慮しています。春木駅前踏切など、警備員がいることで安全対策になっているという声もお聞きしています。
競輪場の施設は古く、老朽化していますから、その建て替えは、緊急の課題です。
バンクの老朽化は、多くの収益が見込める特別競輪の開催に影響するほどになってきています。
そこで、市の持ち出しを極力少なくするために、民間活力を導入して再整備を行うこととして、その手法の検討を行いました。
民間活力の導入手法を各種検討した結果、当初規模の計画では、民活の効果が見込めず市の持ち出しが必要となると見込まれることから、いったん計画を見直し改めて再整備計画を作り直すことにしました。
ですから、建て替えの中止ではなく、計画の見直しということです。
競輪事業を行うことに対しては、様々な意見があるのは承知しています。
競輪事業は、市の財政に寄与しているとともに、雇用の創出や集客による経済効果など、プラスの側面は否定でません。
また、競輪場施設を利用し、地元と共催している、ファミリー夕涼み会などには毎年たくさんの市民の方が参加してくれています。
今後とも市民に愛される競輪場を目指して、早急に新しい再整備計画を策定していきます。
プロフィール

shigiyoshinori

Author:shigiyoshinori
こんにちは、しぎ芳則です。子ども、大人、高齢者の三世代がともに明るく暮らせる街が目標です。私は、岸和田に産まれ育ち、岸和田の誇りを持ち、岸和田が大好きです。 輝く街、岸和田を取り戻します。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
はばたく岸和田市民の会(しぎよしのり後援会)
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示