財政再建まっしぐら!

昨年秋の財政推計時点では、枯渇の恐れのあった財政調整基金も30年度予算編成に必要な12億円を確保し、交付税額も返還を実施しても今年度の予算額を確保しました。28年度決算も黒字見込みです。
私の1期目の実績として、地方債の将来負担比率も半減させることができました。
更には、財政再建プランを早急に取りまとめる目処もつき、中間報告を議員各位に行いました。
私は、子育てするなら岸和田市ということを1期目の最重点施策としてやってきましたが、常に財政問題を意識しながらの行政運営を貫いてきました。
何故なら、
岸和田市は、過去、積極的な投資により、基盤整備を進めてきた時代がありました。
結果として、市の借金である公債費が高止まりしてきました。
また、交付税依存度が高いということは、全国自治体の共通の課題ではありますが、岸和田市も例外ではありません。
交付税の依存度が高い中、今回の錯誤や交付税の減少は、厳しい状況でもあります。
したがって、昨年末に私としては非常事態を宣言し、中核市移行の先送りや、行財政改革に取り組んできました。
それは、せっかく芽がでかけてきた岸和田の可能性を壊さないための措置です。
今後ともしっかりとした財政基盤を確立し、未来に向けた『まちづくり』を進めることが、私に課せられた責任であると考えています。
今後とも、頑張ります!
プロフィール

shigiyoshinori

Author:shigiyoshinori
こんにちは、しぎ芳則です。子ども、大人、高齢者の三世代がともに明るく暮らせる街が目標です。私は、岸和田に産まれ育ち、岸和田の誇りを持ち、岸和田が大好きです。 輝く街、岸和田を取り戻します。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
はばたく岸和田市民の会(しぎよしのり後援会)
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示