昔話を基にして

市長公室長を務められ、退職後は文化事業協会会長として岸和田の文化振興にご活躍され、今も顧問をされている、貝塚在住の伊藤伸史さんが、このたび「櫛のロマンー千年ブランド和泉櫛」を出版されました。
伊藤さんは鳥取生まれ、岸和田市役所奉職中につげ櫛製造を家業とする伊藤家に婿養子となり、義父や職人さんたちの櫛づくりを見てこられ、ご自身も役所勤めの傍らに櫛の資料を収集されました。
2006年に奥さんを亡くされ、櫛に対する本を書きたいと言う思いが募ったと言います。
その間、腰椎骨折や入院などもありましたが、10年がかりで出版にこぎつけられました。
著書は日本の櫛の歴史を振り返り、太古のロマン溢れる伝説時代の和泉櫛のことなど、独自の見解を出されています。
今日の伊藤さんの解説の最後に「これは、今までのつげ櫛の話、いわば昔話。大切なのはこの史実をもとに、次の世代にどう伝えていくのかだ」と力説されました。残しておきたい、いずみの国の伝統工芸。
益々のご活躍をお祈りします。
プロフィール

shigiyoshinori

Author:shigiyoshinori
こんにちは、しぎ芳則です。子ども、大人、高齢者の三世代がともに明るく暮らせる街が目標です。私は、岸和田に産まれ育ち、岸和田の誇りを持ち、岸和田が大好きです。 輝く街、岸和田を取り戻します。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
はばたく岸和田市民の会(しぎよしのり後援会)
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示