濱田耕作の本

濱田青陵とも呼ばれる岸和田市出身の大学者です。 
岸和田藩士の息子として岸和田で生誕され、後に京都大学総長を務められた方です。
考古学ファンのみならず、梅原末治、末永雅雄、小林行雄という名前は、聞いたことがある方も多いかもしれません。
彼らを見出し、考古学における京都学派を形成した方です。
岸和田市においては濱田青陵賞を朝日新聞と共催で実施しています。
その濱田耕作が100年前に書いた、通論考古学という本が去年の12月に岩波文庫から現代語に改められて出版されました。
今でも色あせることない、考古学の標準教科書だということです。
岸和田市にも学問や文化がしっかりとあること私は誇りに思います。

マドカホールでは、産業高校デザインシステム科の卒業創作展が開かれています。
今日までなので是非ともご来場下さい。
また、本日ファッションショーも開催されます。
入場は無料です、是非とも生徒たちの作品をご覧下さい。
https://www.city.kishiwada.osaka.jp/soshiki/118/23sangyoukyouiku.html
プロフィール

shigiyoshinori

Author:shigiyoshinori
こんにちは、しぎ芳則です。子ども、大人、高齢者の三世代がともに明るく暮らせる街が目標です。私は、岸和田に産まれ育ち、岸和田の誇りを持ち、岸和田が大好きです。 輝く街、岸和田を取り戻します。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
はばたく岸和田市民の会(しぎよしのり後援会)
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示