精一杯、身を守ること!!

明日は阪神淡路大震災から22年目  
震災後に生まれた子どもたちも成人し多くが社会人となっているでしょう。
平成7年1月17日に発生した阪神淡路大震災
都市型の直下型地震として、あの阪神高速道路が横倒しになり、神戸の街が燃えた映像は私としても生涯忘れるものではありません。
神戸の街は、私にとっても身近な街でした。
30代の私は、ボランティアとして生徒たちととも何度も被災地にはいりました。
あの地震は、大阪や阪神間には大地震はないという妙な安心感が打ち砕かされた出来事でした。
最近は、東日本大地震や熊本や鳥取の地震など、日本列島が至るところで揺れています。
地震学者も日々の危険を警告しています。
津波は海だけのものでもなく、山津波もあります。
和泉葛城山や神於山は、地層的地質的にも滑りやすいとのことです。
こういうことを、書いていくと危険だけを煽ることになってしまうのかもしれません。
が、私たちに必要なことは、いつ何時、何が起こって命を守れるように準備を行うこと。
これしかありません。
多くの震災などで犠牲になった方々への想いとともに、私たちができることを出来るだけする。
その為に行政としても出来ることを懸命にやる。
このことが、『自助・共助・公助』の基本だと思います。

私の退職金は、ゼロ

消費税増税延期の影響が全国の自治体を直撃しています。
それは岸和田市でも例外ではありません。
地方交付税という国から交付されるお金が目減りしています。
そんな中で、体質改善のために、改革プロジェクトチームを緊急発足させました。
私の1期目も残り1年を切りましたが、私は当選後直ぐに、公約である市長と特別職の退職金ゼロを条例にして実行しました。
それまでの岸和田市は任期が終わるたびに退職金を受け取っておられましたが、それを全廃しました。
退職金は市長の場合は給与月額の半分が48ヶ月分も累積されます。
つまりは市長の給与が実質1.5倍もあるということです。
私はこの退職金の減額分を月々の給与に上乗せするなどのことは一切行っていません。
当選後、先ずは身を切る改革の公約を実践しました。
私が選任させていただいた副市長や教育長などの特別職も退職金がないということを理解して就任いただきました。
こうして特別職で市政改革に先頭を切って対応していくことになりました。
市政改革はまだまだ道半ばですが、更に力を入れて取り組んでまいります。

春木駅新駅舎

春木駅周辺整備の一環として春木駅の新しい駅舎が今日の始発から供用開始となりました。
新しい駅舎はモダンな建物です。
旧駅舎部分も今後更に改修されて、店舗等に活用されます。
駅は、来岸者への玄関口でもあり、通勤通学などで日常使用する方にとっても、生活の基盤です。
岸和田市にとっては久々の新駅舎です。
 新しい岸和田の魅力となることを願います。
南海電鉄、春木駅の新駅舎が一部完成

若者が学ぶ街、岸和田

明日からセンター試験

全国的に寒波が予想されています。
受験生の方々が悪天候などの影響を受けないことを願うばかりです。

私自身は、センター試験の前身の共通一次試験の一期生です。

全国の大学受験生が同じ問題で試験を受けることになったハシリの世代です。

マークシート試験などの選択試験対策とまだ実施されたことのない試験対策などに翻弄されました。

高校生ながら、制度をいじくっても問題は解決しないのではないかと感じたものです。

あれから35年以上が経過したのかと時の流れを感じます。

さて、岸和田市内にはたくさんの高校や専門学校があります。

若者の未来を育む街であるためには都市が魅力的でなければならないと思っています。

縁があって岸和田市内で学んだ若者たちが住んでみたいと思えるような街づくりを進めていきたいと思います。

道と駅

本日は大阪市内で山本幸三地方創生担当大臣を講師に招いて、地方創生トップセミナーがあり若手職員と参加しました。
改めて地域力を上げていくことの必要性を痛感しました。
そのためには魅力的な都市づくりが大切です。
就任以来を力を入れて取り組んできた都市インフラ整備
久米田駅や春木駅周辺の再整備
泉州山手線への取り組み
ホテル誘致
港や商店街の活性化など
引き続き頑張っていきます。
また、今日はFMのワークショップなどがあり、職員たちも頑張ってくれています。
道や駅は市民生活の基本だと考えながら、本日は公務の後、バスで帰宅しました。

成人式とえべんっさん

成人式とえべんっさん。
成人式は第二日曜日の翌日ですが、えべんっさんの日程は9.10.11日の三日間と決まっています。
私が市長に就任して初めての同日開催です。
去年までは、成人式は祝日ですのでこの日程を優先していました。
えべんっさんのそれぞれの神社の行事への参加は、平日でしたので、公務の合間を縫って、開会の時間ギリギリに、滑り込むという行程でお伺いしていました。
きょうの天気は昨夜からの雨も上がり、曇り空ですがなんとか振らずに済みました、
朝からの成人式では、いつもは恒例の青少年指導員さんが早朝から体育館前で餅つきをして、新成人に振舞ってくださるのですが、ノロウィルス流行により取りやめとなりました。
会場周囲には、新成人の先輩である青年団協議会のメンバーの方が、大勢で祝福してくれました。
また、子ども会指導者連絡協議会の方々は温かい飲み物を提供してくださいました。
式進行のしおりは市立産業高校デザインシステム科の生徒が作りました。
こうした、多くの方々のご尽力で
おかげで、他市に見られるような混乱もなく、スムーズに式典も終わりました。
責任と義務
感謝の気持ちを忘れず歩んで欲しい、とお祝いの言葉を述べました。
岸和田天神宮と春木弥栄神社へ。
えべんっさんの餅まきにお伺いしました。
そこでも、今年は!という意気込みの言葉もお聞きしました。
珍しい
えべんっさんと成人式の同日開催。
若者の前途に栄えあることと
健康長寿
岸和田に大きな福が来ますように。

男性の、子育て

昨日は
男女共同参画フォーラムとして
不妊治療に取り組み、3人の子どもに恵まれ子育て中のロック歌手で、いまは俳優としてもご活躍の
ダイアモンドユカイさん
西宮市で保育所で初めての男性保育士として採用され
現在は大阪教育大学准教授の小崎恭弘さんの
お二人のトークセッション
が行われました。
小橋さんは、本市の子ども子育ての講演に2年前にお越しいただいています。
ダイアモンドユカイさんは、大阪市内で舞台公演中だったので講演がかない、
小橋さんも既に1ヶ所で講演をされたのちに駆けつけていただきました。
本市も昨年11月、市内の40の企業団体とともに
イクボス宣言をおこないました。
ワークライフバランス
子育てだけでなく、介護もさまざまな面から仕事との両立が難しいものがあります。
男性がどんどん参画することにより、女性の活躍の場も広がっていきます。


朝鮮通信使

本格的な新年会の時期です。
年が変わり、こころ新たに顔を会わせ一年の健康と活躍を誓い合う、重要な語り合いの場でもあります。
午前から大阪市内に向かい、
大韓民国領事館での、総領事主催の新年会に出席。
歴史の勉強でどなたでも記憶のある、
朝鮮通信使、
実はこの接待役に
岸和田藩主の岡部公が当たられていました。
いま、日韓共同でこの朝鮮通信使を世界記憶遺産にという動きがあります。
就任直後にお会いした時は、総領事も朝鮮通信使と岸和田藩との関わりはご存知ではなかったようで、とても感激されておられました。
ゆかりのある市や町がスクラムを組んでさまざまなイベントを用意されています。
本市も積極的にアピールする機会と捉えています。

新年酉年始動

私にとっては一期目の仕上げの年が始動しました。
年中無休の部署も多くありますが、昨日より仕事始めです。
年頭の職員への訓示として、
『市民サービスを低下させない行政運営』
このことを第一義にあげました。
行財政改革も市民サービスを念頭に置いての取り組みです。
私が市長に就任以来、力を注いできた事業として、
子ども医療費の無料化
幼稚園の3歳児保育の推進
中学給食
などの子育て施策
東岸和田駅の高架事業の推進
久米田駅や春木駅の駅周辺整備事業
地元首長の代表として、泉州山手線着工への取り組み
岸和田港再開発事業
丘陵地区の農業特区
などの地域活性化策
また、日影規制の緩和による住環境の整備促進やホテル誘致の取り組みについても徐々に効果を上げてきています。
総合的なまちづくりを推進してこそ、市民サービスは充実するものです。
今年も今まで同様、輝かしい岸和田の未来づくりに更に邁進し、攻めの行政経営を行い、一期目の仕上げとする覚悟です。
本年も皆様方のご指導ご支援ご協力のほどよろしくお願いします。

穏やかな三が日

今年は、三が日とも天候に恵まれ温かいお正月でした。
例年どおりの、
東光地区新春マラソン大会
久米田寺の千本搗きの餅配り
東光地区は市街地に位置するため、交通安全に細心の注意を払われての開催で、今年で32 回を数える大会となります。
大会参加の最高齢者は76 歳の、男性。
年齢を感じさせない若々しい体つきでした。
ここでも、たまに顔を会わせることで新年の挨拶が交わされ
、新年の賀詞交換の感がありました。
出発した選手を見送り、帰ってきたら女性陣の作ったうどんでからだを温めます。
ご馳走になったあとは
正月三日の恒例行事の久米田寺の千本搗きの餅配り。
今年はノロウィルスの流行により、子どもたちが搗いた餅はお飾りにして、
和菓子屋さんのお餅を配ることにしたようです。
並んだ方が多くて、用意されたお餅は品切れとなりました。
いつもの年中行事が、出来ることはとても嬉しいことです。
感謝の気持ちを持って何事にも臨みたいと、意を強くしたところです。
明日は仕事初め、
職員への訓示
新年互礼会
大阪互礼会
と行事が続いていきます。
あっという間の年末年始でした。
改めて健康に感謝です。



プロフィール

shigiyoshinori

Author:shigiyoshinori
こんにちは、しぎ芳則です。子ども、大人、高齢者の三世代がともに明るく暮らせる街が目標です。私は、岸和田に産まれ育ち、岸和田の誇りを持ち、岸和田が大好きです。 輝く街、岸和田を取り戻します。

カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
はばたく岸和田市民の会(しぎよしのり後援会)
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示