青少年海外派遣事業

今回で14回目の派遣となる、本市と姉妹都市締結を結んでいる、アメリカ合衆国、サウスサンフランシスコ市への青少年派遣事業の派遣生として選ばれた高校生の表敬を受けました。
この事業は1992年から始まり、お互いに
訪問、来訪を繰り返しています。今年はこちらから訪問すると年になります。
訪問団員に選ばれるのには、語学などの試験があります。
その難関をみごとに突破し、15名がサウスサンフランシスコ市を訪問し、両市のロータリークラブにご協力もいただきながら、相互に青少年の受け入れと派遣を行い、継続的に交流を深めています。両市のことをよく理解し、友好の絆を深める本市の親善大使としての役割も果たしてくれることを期待しています。
大きく成長されて帰って来られることを期待します。

100周年記念碑


泉南高等女学校
岸和田高等女学校
和泉高等学校
と、名前を変えながらも100年を超える伝統を育んできた高校は、かつては新設なった福祉総合センターの敷地にありました。
工事の関係で、少し移設しましたが、その100周年の記念碑が今も敷地内にあります。
卒業生にとっては、いつまでも自分が学んだ思い出の地、母校のあった場所です。
記念碑を残したことについて、今の和泉高校の関係者の方から先日、感謝のメールをいただきました。
100年を超える伝統
岸和田市の歴史の一端を感じさせられます。

幼稚園児と給食を共に!


天神山幼稚園児とともに、給食をいただきました。

福祉センター内にあった、岸和田市教育センターを、福祉センターの建て替えに伴い、天神山幼稚園を改築して、この1月から移設しました。
その新教育センターを教育長始め教育委員会の職員と一緒に視察しました。

その後、天神山小学校の校舎を利用して開設している幼稚園の授業風景を見学して、園児らと給食をともにしました。

幼小一環という全国的にも珍しい取り組みです。
子どもたちの笑顔を見ていると幼児教育の大切さを痛感します。

今後とも、子どもを産み育てやすい街の為に頑張ります。
プロフィール

shigiyoshinori

Author:shigiyoshinori
こんにちは、しぎ芳則です。子ども、大人、高齢者の三世代がともに明るく暮らせる街が目標です。私は、岸和田に産まれ育ち、岸和田の誇りを持ち、岸和田が大好きです。 輝く街、岸和田を取り戻します。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
はばたく岸和田市民の会(しぎよしのり後援会)
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示