競輪事業について

競輪場収入は市の貴重な財源です。
平成28年度も2億5100万円を市の財布に入れています。
28年は特別競輪(G1)がありませんでしたが、特別競輪などを岸和田で主催すると5億円以上を市の財布に入れてくれます。
競輪開催時には、周辺の広い範囲に警備員を配置したりするなど配慮しています。春木駅前踏切など、警備員がいることで安全対策になっているという声もお聞きしています。
競輪場の施設は古く、老朽化していますから、その建て替えは、緊急の課題です。
バンクの老朽化は、多くの収益が見込める特別競輪の開催に影響するほどになってきています。
そこで、市の持ち出しを極力少なくするために、民間活力を導入して再整備を行うこととして、その手法の検討を行いました。
民間活力の導入手法を各種検討した結果、当初規模の計画では、民活の効果が見込めず市の持ち出しが必要となると見込まれることから、いったん計画を見直し改めて再整備計画を作り直すことにしました。
ですから、建て替えの中止ではなく、計画の見直しということです。
競輪事業を行うことに対しては、様々な意見があるのは承知しています。
競輪事業は、市の財政に寄与しているとともに、雇用の創出や集客による経済効果など、プラスの側面は否定でません。
また、競輪場施設を利用し、地元と共催している、ファミリー夕涼み会などには毎年たくさんの市民の方が参加してくれています。
今後とも市民に愛される競輪場を目指して、早急に新しい再整備計画を策定していきます。

直近の行政経営の失敗ではありません

29年度は、30年度予算を組むのに必要な12億円程度の財政調整基金を確保できる見込みとなっています。
岸和田市は、市民病院・保健センター・浪切ホールの建設などにより、市の借金残額は、平成元年当時292億円余りであったものが平成13年度には946億円余りとピークを迎え、利子も含んだ市の借金の毎年の返済額は、平成元年度当時は、37億円程度であったものが、平成17年度以降90億円を超える返済が続いていました。
その後も、下水道事業の推進や岸貝清掃工場の整備による繰出金や負担金の増加により、本市の財政構造は常に厳しい状況であり、さまざまな行財政改革を実施しながら、市民ニーズの高い施策を展開してきたものです。
直近の行政経営の失敗などと言われる方がいますが、断じてありません。
財政調整基金はまさにその名のとおり、その時々の調整に使う貯金です。
これの増減だけを捉えて財政を評価してはいけません。
たとえば貯金(基金)だけでなく、借金(地方債)について"も考える必要があります。
岸和田の財政はこの4年間、国の消費増税の影響などもあり、厳しく苦しい状況ですが、そんな中でも市の借金を減らす努力を続けてきました。
地方債の残高は私が市長に就任した25年と28年を比較して10%の減少、将来負担比率は、25年と28年の比較で、97.0%から47.6%まで減少させました。
56億円足らないと言われますが82億円借金を減らしました。

泉州山手線と鉄道、その3

実施した調査によると和泉中央から名越までの整備には概算ですが約500億円かかるようです。補助金などもあるものの、運行収入から運行経費とこの建設費の償還をしていくのです。
如何に建設費を抑えるか、運行経費を抑えるか、そして運行収入を確保するか。
課題は判っています。一つ一つクリアしていくのです。
実現化の最大の課題は如何に鉄道需要を生み出すか。
鉄道ができれば人が増えると言う方がいらっしゃいますが人のいないところに莫大な建設費をかけて一か八かで鉄道をひく企業はありません。
泉北ニュータウンやトリベール和泉の開発がまず先にあって、泉州山手線と泉北高速鉄道が同時に整備されたのは稀有なことなのです。
こうした大規模住宅開発は今は日本全国でもありません。

泉州山手線と鉄道、その2

私は市長就任してすぐに泉州山手線と泉北高速鉄道の延伸の取り組みに着手しました。
実はそれまで市民の念願であったにも関わらず要望にとどまり実現に向けた具体的な取組みはされていませんでした。
延伸してほしいという声だけではいつまでたっても夢物語です。
そこで26年度の補正予算で調査費を確保するとともに27年度には専門の部署を設置し、実現に向け、調査や関係機関との協議を進め、どうすれば実現するのか、何が課題なのか、どう進めるべきか、戦略的に取り組みました。事務レベルでの本気の取り組みです。
その甲斐もあって泉州山手線は実現に向け動き出しています。
一方、泉北高速鉄道の延伸は大阪府が整備する泉州山手線とは異なり、鉄道事業者が整備し運営するものです。
建設費が確保できても運営には大きな経費がかかります。経営的に成り立たつことが
鉄道事業の成立条件です。

泉州山手線と鉄道

今回、泉州山手線の延伸が先行して具体化したことで、都市計画変更で道路幅員が狭くなり、鉄道延伸を諦めたのではとご心配される方がいらっしゃいます。鉄道延伸の課題は、先述のとおり土地が空いていることではありません。一日も早く道路を整備し、沿道のまちづくりを進め、鉄道利用者の目処を立てることです。
土地が空いているからと鉄道延伸できるのであればとっくの昔に磯上山直線まで伸びているでしょう。
また、今回の道路は4車線道路ですが幅員31mと非常に広い道路です(国道26号が6車線30m)。
将来、鉄道を整備しうるに充分な余裕があります。
奇しくも今、箕面市では北大阪急行(御堂筋線)の延伸事業が行われています。
新御堂筋という昔に整備された道路上に高架で鉄道を建設します。
そういう意味では、今回の泉州山手線事業化に向けた都市計画変更は、むしろ鉄道延伸においても大きな進捗です。

財政再建まっしぐら!

昨年秋の財政推計時点では、枯渇の恐れのあった財政調整基金も30年度予算編成に必要な12億円を確保し、交付税額も返還を実施しても今年度の予算額を確保しました。28年度決算も黒字見込みです。
私の1期目の実績として、地方債の将来負担比率も半減させることができました。
更には、財政再建プランを早急に取りまとめる目処もつき、中間報告を議員各位に行いました。
私は、子育てするなら岸和田市ということを1期目の最重点施策としてやってきましたが、常に財政問題を意識しながらの行政運営を貫いてきました。
何故なら、
岸和田市は、過去、積極的な投資により、基盤整備を進めてきた時代がありました。
結果として、市の借金である公債費が高止まりしてきました。
また、交付税依存度が高いということは、全国自治体の共通の課題ではありますが、岸和田市も例外ではありません。
交付税の依存度が高い中、今回の錯誤や交付税の減少は、厳しい状況でもあります。
したがって、昨年末に私としては非常事態を宣言し、中核市移行の先送りや、行財政改革に取り組んできました。
それは、せっかく芽がでかけてきた岸和田の可能性を壊さないための措置です。
今後ともしっかりとした財政基盤を確立し、未来に向けた『まちづくり』を進めることが、私に課せられた責任であると考えています。
今後とも、頑張ります!

お盆

早いもので父が亡くなって11年になります。
公務の合間をぬって今年も例年のように墓参りに行きました。
父に我が家のことなどを報告するとともに、今後の岸和田のことなどを語りました。
私が恩師である、自民党府議会議員であった井上新造先生の秘書として働きだした頃、父と岸和田の未来について、よく飲みながら語りあったものです。 
職人気質の父は、若い私に言葉ではなく背中で語ってくれたことが多かったと、今は思います。 
私が普段は朴訥なのも親父譲りなのかもしれません。
息子に背中で人生を教えてくれた父でした。
私もそうありたいと願います。
もう1人の父でもある自民党府議会議員の井上新造先生も、同じように私に行動で人生を教えてくれました。
行動しながら考えろ。
手を動かしながら考えろと、躾られました。
2人の親父の教えを胸に今年も頑張る決意を新たにしました。

将来負担比率半減

岸和田の財政はこの4年間、国の消費増税の影響などもあり、厳しく苦しい状況ですが、そんな中でも市の借金を減らす努力を続けてきました。
地方債の残高は私が市長に就任した25年と28年を比較して10%の減少、将来負担比率は、25年と28年の比較で、97.0%から47.6%まで減少させました。
単年度収支ではここ1、2年は厳しい状況が続きますが、これを乗り越えると岸和田の活性化が待っているはずです。

引き続き、岸和田の為に頑張ります。

ゆるキャラグランプリ

昨日、テレビ岸和田さんのDONちち!「とってつけ告知」に、観光課職員とともに、ゆるキャラグランプリにエントリーしました「ちきりくん」をPRするために出演してきました。 
今回は、忠岡町のゆるキャラ「ただお課長」とともに出演し、ゲームをしながら、ゆるキャラグランプリに向けたお互いの意気込みをアピールしてきました。
「ちきりくん」は、岸和田人にはめずらしく、恥ずかしがりやではありますが、だんじり祭が近づいてきていますので、すでに気合い十分、昨年よりひとつでも順位を上げるべく、精一杯スタジオで存在感を示し、私も微力ながら、そのお手伝いをしてきました。
投票の終了は、11月10日金曜日18時となっています。
市民の皆様をはじめ、多くの方に「ちきりくん」を身近に感じていただき、そして、1日一回投票できますので、ぜひ、ゆるキャラグランプリで「ちきりくん」に投票していただきたいと思っています。

青少年海外派遣事業

今回で14回目の派遣となる、本市と姉妹都市締結を結んでいる、アメリカ合衆国、サウスサンフランシスコ市への青少年派遣事業の派遣生として選ばれた高校生の表敬を受けました。
この事業は1992年から始まり、お互いに
訪問、来訪を繰り返しています。今年はこちらから訪問すると年になります。
訪問団員に選ばれるのには、語学などの試験があります。
その難関をみごとに突破し、15名がサウスサンフランシスコ市を訪問し、両市のロータリークラブにご協力もいただきながら、相互に青少年の受け入れと派遣を行い、継続的に交流を深めています。両市のことをよく理解し、友好の絆を深める本市の親善大使としての役割も果たしてくれることを期待しています。
大きく成長されて帰って来られることを期待します。
プロフィール

shigiyoshinori

Author:shigiyoshinori
こんにちは、しぎ芳則です。子ども、大人、高齢者の三世代がともに明るく暮らせる街が目標です。私は、岸和田に産まれ育ち、岸和田の誇りを持ち、岸和田が大好きです。 輝く街、岸和田を取り戻します。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
はばたく岸和田市民の会(しぎよしのり後援会)
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示