はばたく岸和田市民の会

後援会がつくってくれました。

私の想いを紙にして届けています。




選挙戦突入

このブログが掲載されている頃には、私は全力で市内を駆け巡り、

政策を訴えさせていただいているはずです。

1週間、岸和田の未来を創造していけるのは私しかないと確信し

愚直に政策を訴えさせていただきます。

さらなる改革へ全力!!



#岸和田市長選挙 #しぎよしのり #信貴芳則 #しぎ芳則


候補者ビラ1030-001

候補主ピラ1030-002

交通政策について

交通とまちづくりは一体です。
私はこれを公約に掲げ平成27年度には組織改革を行い、交通政策に取り組んできました。
2年前から市民や市内団体、国、大阪府や警察などの行政、鉄道、バスやタクシー事業者らと協議会を立ち上げ進めています。
市内の公共交通について、とりわけバスについては、これまでは事業者任せで、唯一の市施策のローズバスも10年以上放ったままです。
市民・地域からのニーズがあるにも係わらず 手も足もでない、何をどうすればいいのかも分からない。
そこで全市アンケートも行い、市民ニーズや意識を踏まえ、協議をすすめ、今月にはまちづくりアクションプランを策定し公表しています。
既存路線の利便性向上、ローズバスの改善・見直し、そして新たに市民の生活を支えるコミュニティバスやタクシーの導入についてプランが示されています。
利用者や事業者、関係者が役割分担のもと、事業実施の土壌が整いました。
これから市民や地域に入り、具体的な協議に取り組んでまいります。
台風21号による災害でも 通学や通院など市民生活に密接に関わる公共交通の大切さを改めて感じました。
協議会での協力関係を踏まえ、迅速な対応で路線バスは被災後もすぐに迂回運行し、今も一部は迂回していますが復旧しています。
関係者の皆様に改めてお礼いたします。

先進都市「岸和田」へ

明治の時代、岸和田は、東京の情報をいち早くつかみ、銀行、紡績、レンガやガラス等、近代産業を取り入れて発展してきました 。
大阪市や堺市に負けない嗅覚や先見の明が、岸和田人にはあります。
平成から次の時代と移り変わろうとする今、
そんな岸和田っ子のDNAを呼び覚まし、
力を結集し、
歴史と伝統を持つ岸和田市を再生し、
みんなが住み続けたい街にしなければなりません。
力を合わせて頑張りましょう!

子育て、孫育てするなら「岸和田市」

子育て世代は、街の大きな財産です。
子育て世代の転入、定住が岸和田市の活気を生み出します。
またライフスタイルの変化もあって、子育てを、おじいちゃんおばあちゃんたちが支えています。
そんな時代だからこそ、子育ての充実は、全ての世代の活力につながります。
岸和田市を元気にしていくために!
35人学級を実現します。
子ども医療費の無料化を18歳まで拡大します。
はばたくドットコム40号です。

宮城県知事 村井君と私

宮城県知事で、40年来の大親友である村井君が、19日には岸和田に来てくれます。

彼も私の政策に共感、共鳴してくれています。

彼はいつも4年間は長いようであっという間だから、常に市民と対話しながら、全力で走ることが必要だと言います。

震災から復興に全力で取り組んでいる彼の言葉には重みがあります。

私も全力疾走します。


36gou-001.jpg

36gou-002.jpg

財政健全化について

公報きしわだの11月号でお知らせしたとおり、
岸和田市の財政は、健全な状態にあります。
交付税への依存度の減少や自主財源の確保、過去の市債の更なる減少など
取り組むべき課題も多くあります。
今後とも健全に財政運営を行うために
行財政再建プランを着実に実行し、地に足をつけて、一歩一歩、歩んでいきます。
公報財政-002
公報財政-003

産業振興

岸和田の産業振興のために、まずは長年、そのままだった日影規制の緩和や、駅や道の整備、港再整備のためのビジョ作成、ホテルの誘致などに取り組みました。




ホテルの誘致にも成功し、やっと岸和田の街が変化しかけています。環境は整いました。




今後は岸和田の強みを活かしながら、農業、漁業の振興とともに商工業の活性化に取り組んでいきます。




ダイナミックに岸和田を活性化させるために邁進します。




はばたく岸和田ドットコム37号です。



37gou-001.jpg

37gou-002.jpg




交通網の整備

交通網の整備は岸和田への人のアクセス、物のアクセス、情報のアクセスが変わります。
東岸和田駅へ特急はるかや、新大阪に直結するB快速を誘致するのも、岸和田が梅田北ヤードや新大阪に直結するということです。つまり新幹線に直結するというこの利便性の確保が岸和田振興の基本です。
空の玄関口、陸路の直結、港の整備により海路の確保。こういった整備を推進することで、岸和田市は大阪の重要な拠点となります。
江戸時代に東海道53次の宿場が繁栄したのも、物流、人の流れの拠点だったからです。
人や物の流れが変わると情報の流れが変わります。
産業振興だけでなく生活環境も向上します。
長年、そのままであった久米田駅や春木駅に少し手をほどこすだけで、格段に便利になります。
東岸和田駅も、海と山からアクセスが可能になり、とても便利になったというお声をたくさんいただいています。
はばたく岸和田ドットコム38号です。

38gou-001.jpg

38gou-002.jpg

石井国土交通大臣と大澤へ

本日は、昨日の小此木防災担当大臣に引き続き、石井国土交通担当大臣が大澤の現場視察に来ていただきました。
石井大臣は建設省のご出身で、橋梁などのプロフェッショナルです。
本日も、私は、地元自治体として、大阪府の松井知事ととも現地を案内させていただきました。
垣見府議や公明党市議団も同行いただきました。
神谷衆議院議員も連日の参加です。
その後の意見交換会でも、復旧の手はずや、今後の雨風に対する対応を真剣に意見交換いたしました。
岸和田市も、連日、現場の復旧に向けて職員が対応しています。
地元自治体として、市民の声を国や大阪府に届けさせていただきました。
石井大臣に対しては、松井知事と連携して、技術的にまた財政的にも格段の支援をお願いしたいと申し入れしました。



プロフィール

shigiyoshinori

Author:shigiyoshinori
こんにちは、しぎ芳則です。子ども、大人、高齢者の三世代がともに明るく暮らせる街が目標です。私は、岸和田に産まれ育ち、岸和田の誇りを持ち、岸和田が大好きです。 輝く街、岸和田を取り戻します。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
リンク
はばたく岸和田市民の会(しぎよしのり後援会)
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示